2008年02月04日

会社法 第二十五条

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 今日の問題 【 】を穴埋めしてください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社法
第二十五条
1 株式会社は、次に掲げるいずれかの方法により設立することがで
きる。

一 次節から第八節までに規定するところにより、【  】が設立
時発行株式(株式会社の設立に際して発行する株式をいう。以下同じ。
)の【  】を引き受ける方法

二 次節、第三節、第三十九条及び第六節から第九節までに規定する
ところにより、【  】が設立時発行株式を引き受けるほか、設立
時発行株式を引き受ける者の募集をする方法

2 各【  】は、株式会社の設立に際し、設立時発行株式を一株
以上引き受けなければならない。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 正解:
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社法
第二十五条
1 株式会社は、次に掲げるいずれかの方法により設立することがで
きる。

一 次節から第八節までに規定するところにより、【発起人】が設立
時発行株式(株式会社の設立に際して発行する株式をいう。以下同じ。
)の【全部】を引き受ける方法

二 次節、第三節、第三十九条及び第六節から第九節までに規定する
ところにより、【発起人】が設立時発行株式を引き受けるほか、設立
時発行株式を引き受ける者の募集をする方法

2 各【発起人】は、株式会社の設立に際し、設立時発行株式を一株
以上引き受けなければならない。













posted by 管理人 at 21:02| 会社法穴埋め問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。