2008年04月02日

会社法 第五十条

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 今日の問題 【 】を穴埋めしてください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社法
(株式の引受人の権利)
第五十条
1 発起人は、株式会社の成立の時に、出資の履行をした設立時発行
株式の【  】となる。

2 前項の規定により株主となる権利の【  】は、成立後の株式会
社に対抗することができない。


正解を見る
posted by 管理人 at 12:32| 会社法穴埋め問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

会社法 第四十九条

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 今日の問題 【 】を穴埋めしてください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社法
(株式会社の成立)
第四十九条
株式会社は、その本店の所在地において【    】をすることに
よって成立する。


正解を見る
posted by 管理人 at 19:44| 会社法穴埋め問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

会社法 第三十七条

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 今日の問題 【 】を穴埋めしてください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社法
(発行可能株式総数の定め等)
第三十七条
1 発起人は、株式会社が発行することができる株式の総数(以下「
発行可能株式総数」という。)を定款で定めていない場合には、株式
会社の成立の時までに、その【  】の同意によって、定款を変更し
て発行可能株式総数の定めを設けなければならない。

2 発起人は、発行可能株式総数を定款で定めている場合には、株式
会社の成立の時までに、その【  】の同意によって、発行可能株式
総数についての定款の変更をすることができる。

3 設立時発行株式の総数は、【  】株式総数の【二/三/四】分の一
を下ることができない。ただし、設立しようとする株式会社が公開会
社でない場合は、この限りでない。


正解を見る
posted by 管理人 at 20:54| 会社法穴埋め問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

会社法 第三十二条

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 今日の問題 【 】を穴埋めしてください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社法
(設立時発行株式に関する事項の決定)
第三十二条
1 発起人は、株式会社の設立に際して次に掲げる事項(定款に定め
がある事項を除く。)を定めようとするときは、その【過半数/全員】の同意
を得なければならない。

一  発起人が割当てを受ける設立時発行株式の数

二  前号の設立時発行株式と引換えに払い込む金銭の額

三  成立後の株式会社の資本金及び資本準備金の額に関する事項

2 (省略)


正解を見る
posted by 管理人 at 19:26| 会社法穴埋め問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

会社法 第三十条

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 今日の問題 【 】を穴埋めしてください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社法
(定款の認証)
第三十条
1 第二十六条第一項の定款は、【  】の認証を受けなければ、
その効力を生じない。

2 前項の【同上】の認証を受けた定款は、株式会社の成立前は、
第三十三条第七項若しくは第九項又は第三十七条第一項若しくは第二
項の規定による場合を除き、これを変更することができない。


正解を見る
posted by 管理人 at 21:03| 会社法穴埋め問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。